安余道らすあよしらす維新の総仕上げは権畏離岸ケンイリガン萌意肇航ミンイチョウコウ
を以て貴い たっと を為す魂の霊いのちの宿願本懐。
◉ らすによりて滅ぶる国あらば滅びてもよし、断じて滅びず! ◉
誠実勤勉互陰に為すべき為せるを為そうとする魂の霊いのち魂の霊いのちによる魂の霊いのちのための試行錯誤。



FB引用投稿

〖余命ブログ2378 お知らせ2〗 
※抜粋:訴訟作戦は実に平和的な作戦で、かつ一網打尽まで狙える優れた手段である。とにかく在日や反日勢力は油断しすぎた。※

---

 武獣法蛮、つまり獣(未人)には武(問答無用)の説得、蛮(未開)には法(権威権力)の説得を以て政治は政治の為すべき為せるを為し、私たち凡衆もまた院外在野の最大野党として日本文明啓開継承者の為すべき為せるを為す礎が整いました。

◉道らすによりて滅ぶる国あらば滅びてもよし、断じて滅びず!。

 私たち日本は6年ほど前、権畏離岸(コケたら立ちなはれ)萌意肇航(立ったら歩きなはれ)へと安余道らす第一歩を踏み出し、幕末維新の総仕上げに取り掛かりました。

 それは、大東亜戦争の第二局面とでも言うべき核に勝るとも劣らない列強連合の桎梏繋鎖(封じ込め)と在寇化外の蚕食齲蝕(食い散らかし)との「日本袋叩き」に堪え難きも忍び難きも皆々み~んなで堪え忍び得たがゆえに気付けた「この道しかない!この道」への選択です。

 それは当に在寇化外の終わりの始まりです。政治は政治家、餅は餅屋、私は凡職に今日も汗ですが、それは安倍政権の総帆展帆に日本文明啓開継承者として輿論の風となるか否かの選択です。

 気付いて選択して為すべき為せるを為す。当に萌〚たみ〛の時代へ『失われていた?道らす以和為貴』に皆々み~んなで目覚め治す(気付く)時です。






















































































































































































道らす以和為貴・奥のこの道