安余道らすあよしらす維新の総仕上げは権畏離岸ケンイリガン萌意肇航ミンイチョウコウ
を以て貴い たっと を為す魂の霊いのちの宿願本懐。
◉ らすによりて滅ぶる国あらば滅びてもよし、断じて滅びず! ◉
誠実勤勉互陰に為すべき為せるを為そうとする魂の霊いのち魂の霊いのちによる魂の霊いのちのための試行錯誤。



FB引用投稿


 死刑と言う刑の是非云々よりも、そもそも人権(人間の享有権利[らしいが])で常識正義を主張す 死刑と言う刑の是非云々よりも、そもそも人権(人間の享有権利[らしいが])で常識正義を主張すること、つまり(人権が人間の享有権利なら)対立する利害を大前提としたもので普遍的な常識正義を語り合い確かめ合おうとする発想は、ここ『奥のこの道』での萌(たみ:ツクす/ヤワす)の発想ではありません。日本で死刑を廃止すべきと言うのなら、人権ではなく(被害者の人権を云々するのでもなく[権畏を云々するのならまだしも])、魂の霊(いのち)の明察選択当然(自分が気付いて自分が為すべきを自分が決める当たり前)での普遍性・不朽性で語るべきですよネ?。日本人なら、中卒中程度で確かめ合えるオハナシですよネ!。ミギだ!ヒダリだ!、ホシュだ!カクシンだ!、在日ハンニチあか左翼だぁ~!世の中リクツじゃない!なぁ~んてなリクツで確かめ合うオハナシではありませんよネ?。

























































































































































道らす以和為貴・奥のこの道