安余道らすあよしらす維新の総仕上げは権畏離岸ケンイリガン萌意肇航ミンイチョウコウ
を以て貴い たっと を為す魂の霊いのちの宿願本懐。
◉ らすによりて滅ぶる国あらば滅びてもよし、断じて滅びず! ◉
誠実勤勉互陰に為すべき為せるを為そうとする魂の霊いのち魂の霊いのちによる魂の霊いのちのための試行錯誤。



FB引用投稿

=_[YouTube_ChGrandStrategy]_=

※抜粋:一隅を照らす(照于一隅)※

---

 ここ『奥のこの道』での「一隅を照らす(照于一隅)」とは、ただ一所懸命をただただ一生懸命に、ただ当たり前をただただ当たり前に、ただ為すべき為せるをただただ為そうと明察選択当然(自分が気付いて自分が為すべきを自分が決める当たり前)を生きようとすることです。

 それは、政治(権力)は政治家(専門家)として、餅(権威)は餅屋(専門家)として、私たち凡(なみ/権畏)もまた夫々が夫々の持ち場持ち場(専門家)で汗を流す働き者(目的ある目標文化のツクすヤワす萌〈たみ〉)を生きようとすることです。

 それは、然りげ無く生きた夥しい名も無き偉人(ご先祖様/日本文明啓開継承者)達が今にお伝え下さった道らす以和為貴本来のツクすヤワす『和』の国を皇富凡(かみとみなみ[顕畏権力権畏:いわゆる神臣民〈かみおみたみ〉])の不離一体(心宝紐帯)で生きようとすることです。

 それは、一隅を照らそうとするヲヲヤケが我がコト私ゴトの我がため(権畏/凡〈なみ〉)、一隅から国家全体を照らそうとする世のため人のため(権力/政治)、一隅から世界全体を照らす世のため人のため(顕畏/天皇)の道理(トウリ)です。

 それは、アノ世界市民の潤色さえなければ中卒中程度の日本人なら誰もが意識するとせざるとに関わらず、また知ると知らざるとに関わらず、或いは聞くと聞かざるとに関わらず、ツクすヤワすを生きようとする道理(トウリ)です。

























































































































































道らす以和為貴・奥のこの道