安余道らすあよしらす維新の総仕上げは権畏離岸ケンイリガン萌意肇航ミンイチョウコウ
を以て貴い たっと を為す魂の霊いのちの宿願本懐。
◉ らすによりて滅ぶる国あらば滅びてもよし、断じて滅びず! ◉
誠実勤勉互陰に為すべき為せるを為そうとする魂の霊いのち魂の霊いのちによる魂の霊いのちのための試行錯誤。



FB引用投稿

リンクをシェアしました。

 確かにアノ時は、まさに「超法規的な国家意思の発動を求めた」ようですが、ここ『奥のこの道』では、今度は輿論(権力の担保:道らす以和為貴)で「それを権力(日本を取り戻す安倍政権)にやらせよう!」と憲法を権法と言い、9条の在寇解釈やWGIP通説をこそ解釈違憲と言い、私たち日本とは、明察選択当然(自分が気付いて自分が為すべきを自分が決める当たり前)の萌(たみ:ツクす/ヤワす)が畏れ多くも有り難き天皇(顕畏)と共に魂の霊(いのち)の宿願本懐を為し遂げようとツクすヤワす道らす以和為貴の目的ある目標文化(皇国文化/代謝文化)を営む唯一の国家、とツベコベしています。このような記事がSNSで拡散され、輿論が醸成される環境が出来上がっています。輿論さえできればイイのです。政治は動きます。私たち日本は『くれない族』ではありません。先ずは我がための自分が世のための何を為すべきかであって、政治に公約を実現させる裏付けとなることです。アイツの所為だ!とかコイツが悪い!なぁ~んてなアノ世界市民が得意とするヨソ事のように政権に悪態をついてガス抜きをしたり留飲を下げている場合ではありません。よネ?。これも超法規ではなく、合法的にやりましょうネ?。

























































































































































道らす以和為貴・奥のこの道