長くなったのでまた、フェイスブックからお引越ししました

まだまだ一週間もあります
『宮城が起爆剤になろう!』

日本に悪夢をもたらしてなお、
平然と、ごく当たり前のように
まさに
とてつもなく長い年月をコソコソ生きた事大血族が
脈々と伝えてきた無恥無責任の人類の極みである
賊喊捉賊(http://bit.ly/16xS6Uj)そのものを
慣習として日本の目も耳も口までも閉ざしてきた
『行動指針』を掲げる民主党の工作員達を
私達は名も無き偉人(ご先祖様)達の末裔として
一議席たりとも許してはならない!

宮城県は
【岡崎トミ子】氏、その人である
是非ご理解いただいて『和田政宗氏』に投票して欲しい!

・・・・・・・・・・

長くなりますが、再び大袈裟に言います

歴史が進むべき道、
人類が歩むべき道の
重くて分厚い扉を
いま私達はこじ開けようとしています

私のシロウト妄言に云う
名も無き偉人(ご先祖様)達が
コツコツ歩み続けてきた
『義』の道の
幕末維新期に突如立ちはだかった
とてつもない壁のような
動かざること、と言わしめる山のような
大きな、大きな扉です

神(GOD)・仏もなく
また善悪正誤を超えてなお
神武天皇が治(し)らすと宣下したときも
奈良平安、江戸明治、そして今もこの先も
だれでも、どこでも、いつでも、いつまでも
貫き通せるモノ

説得されて行くのではなく
誰もが納得していける道
容易ではないが、
手に手を取り合っていける道
「お陰様」「お互い様」と
我と彼を思いやって歩ける道

長幼男女強弱上下の別なく歩く道
・だから、長じては幼きを育て
・だから、男であれば女を守り
・だから、強くあって弱きを助け
・だから、上にあっては下をよく導き
誰が言うともなく、それが自然であり

聖書仏典に云う愛も慈しみも語らず、
駆け引きも無ければ、契約もないが、
したがって、法を説くことを潔しとせず
機を知って己の処すべきを弁え
ただ恥を以って足元を照らし
ただ恥を以って足跡を照らし

凛とした先人の正中心に打たれ
我もまた、範たるべしと頬を赤くしてはにかみ
哲を語らず、命を下さず
知らざるを尋ね
『義』を探り
換骨奪胎を以って補い

人の不完全を知り
それを補わんとする人を知る
(キリがない)

幕末維新からの150年ほど遠回りしていました
名も無き偉人(ご先祖様)達がコツコツ歩み続けて
私達の先を示そうとしたその道

残念ながら
こじ開けるのをお手伝いするに私の力はあまりにも僅微です
ただ、その僅微の手のひらに分厚い扉を感じています

昨年(平成24年)のことです
私達はこの戦後70年のブザマを雪ぐべき
『義』の道の扉を探り当てました
もう少しです
もう少し堪え抜かなければなりません

耳あたりの好い耳障りが聞こえます
でも、目覚めつつある日本は
見分けられる『自分』が回復してきています
聞き分けられる『自分』が回復してきています
声を合わせて言おう!

目標必達!
私はできる
私はやる
私達はできる
私達はやる