安余道らすあよしらす維新の総仕上げは権畏離岸ケンイリガン萌意肇航ミンイチョウコウ
を以て貴い たっと を為す魂の霊いのちの宿願本懐。
◉ らすによりて滅ぶる国あらば滅びてもよし、断じて滅びず! ◉
誠実勤勉互陰に為すべき為せるを為そうとする魂の霊いのち魂の霊いのちによる魂の霊いのちのための試行錯誤。



FB引用投稿

=_[引用:小名木善行ねずさんと学ぶ会]_= [反日こそ悪
※抜粋:そして日本は、こういう国のカタチをつくることによって、世界で唯一(といっていいかと思います)の「奴隷のいない社会」を築いてきたのです。※ ーーー  ここ十宮郷だけのオハナシです。世界には、働き者(シャレ:機楽/傍楽)が当たり前の考え方と為し方、働かせモノ(用かせモノ)が当たり前の考え方と為し方、そして働かされモノ(労かされモノ)が当たり前の考え方と為し方があるようなんです。  言わずもがな「働き者」の考え方と為し方を当たり前(是しい:親任/連理/至完)とするのは私たち日本のみであって、いわゆる列強宗教社会は良識理性(常識正義/正しい教え)が働く(機楽/傍楽)ことを人間の罪辜過害のユエ(ウソ/反日と言ってはならないハンニチの実態)として忌避すべきものとしてきたようですし、一族郎党をすら自前(自立自恃)で束ねられなかった(100年に満たない)特亜に至っては例えば「泣く子は餅を一つ余計もらえる」ワケですから、そらぁ~演技芝居歌に踊りに芸は身を助ける歴年のチエ(ウソ/反日と言ってはならないハンニチの実態)で凌ぐべきをシノギ(用を足し)続けてきたようなんです。  で、我が就為(ため)に我が家に我が公に働く(親任連理至完を機楽傍楽)ことこそ結果的に必ず世のため人のためになるだけのことなんですが、働くことを忌避強要し合ってきたヨソ様(国外化外:主佩く恣弄徒浪)のご立派なご託宣が「我を無とし私を滅して世のため人のために生きなさい!」であって、この用労の好守興亡を宗教哲学に確かめ合ってきたヨソ様(国外化外:主佩く恣弄徒浪)は、従って今なお繰り返すことに懲りない当たり前で「歴史は繰り返す!」なぁ~んぞと正しい教え(反日と言ってはならないハンニチの実態)を皆々み~んなで確かめ合ってきたんです。  ねずさんが仰せのように、反日とは知らす[ここでは天皇が萌(たみ)を知る(治る/気付ける)ようにさせようとする道らす/親任連理至完の叡慮]を否定する考え方と為し方であり、否定する者のことです。  あくまで、ここ十宮郷(奥のこの道十宮の径十宮の郷)だけの無稽譫妄(思い付き)で未知未論未曾有の畏れ多くも有り難き皇々(かみがみ/畏々)のただただ愛で甚い叡慮(親任聡覧の天皇が道らす人類唯一の目的ある日本文明皇国文化)の考え方と為し方のオハナシです。言わずもがな学者専門家には噴飯モノの無稽迷妄です。  シロウト鼠輩の無稽迷妄ですが、宗教哲学を否定しているのではなく、毒を薬と言い薬を毒と言い切って単純を複雑に明瞭を曖昧に容易を困難にする才の優等異彩一等偉傑を張り合う主佩く恣弄徒浪ゆえの怠楽正是(楽する怠けると正しい是しい:醤糞薬毒/発酵腐敗)で宗教哲学を弄ぶ惑乱佞弁を眉にツバをつけて確かめようとしているだけのことです。











































































































































道らす以和為貴・奥のこの道